めっき・表面処理・メッキ

めっき/表面処理:株式会社ケディカ/メッキ加工/メッキ処理
株式会社ケディカ 981-3206 宮城県仙台市泉区明通3-20 (022)777-1351(代表)
北工場 981-3206 宮城県仙台市泉区明通3-20 (022)777-1352(代表)
南工場 981-3206 宮城県仙台市泉区明通3-15-1 (022)378-6371(代表)
北上工場 024-0004 岩手県北上市村崎野23地割30番地14 (0197)68-2577(代表)

ケディカは、最新のテクノロジーを駆使して、めっきメッキ】加工をはじめとする表面処理や超精密加工等を手がける「総合表面処理メーカー」です。

ISO9001,ISO14001 認証取得
 
■弊社の表面処理
■各素材の対応表
■要求特性とめっきの関係
  • 金メッキ
  • 銀メッキ
  • 銅メッキ
  • ニッケルメッキ
  • 亜鉛メッキ
    • 有色三価クロム化成処理
    • 無色三価クロム化成処理
    • 黒色三価クロム化成処理
    • 有色クロメート
    • 無色クロメート
    • 黒色クロメート
    • 緑色クロメート
  • ニッケル亜鉛合金メッキ
  • 三価クロム化成処理
  • スズメッキ
  • クロムメッキ
  • 硬質クロムメッキ
  • ハンダメッキ
  • 鉛フリーハンダメッキ
  • 無電解ニッケルメッキ
    (リンタイプ・ボロンタイプ)
  • 複合メッキ(PTFE)
  • 無電解銅メッキ
  • 無電解金メッキ
  • アルマイト処理(普通/硬質/光沢)
    (陽極酸化処理・アノダイズ)
  • 電解研磨
  • 化学研磨
  • バレル研磨
    (遠心、回転、振動、ポット)
  • 化成処理(クロメート含む)
  • 不動態化処理
  • 梨地処理(ショットブラスト)
  • 黒色化処理(黒染含)
  • スズ・ビスマス合金メッキ
  • カチオン電着塗装
■主要分析・計測機器

 

■技能認定者
  • 現代の名工(電気めっき):1名
  • 高度熟練技能者(めっき):3名
  • 特級めっき技能士: 3名
  • 一級めっき技能士:12名
  • 二級めっき技能士:65名

 

お知らせ Announcement!

<2013.12.05掲載>
弊社は、(株)神戸製鋼所の超抗菌めっき技術「ケニファイン」を採用した事業を開始しました。
従来の抗菌材料の10倍以上の抗菌性、50倍以上の防カビ性と優れた効果を発揮します。

(資料-PDF 掲載準備中)

環境対応めっき・表面処理 RoHS Compliance!

長尺・大物材料への半光沢スズめっき(銅下地めっき)
長尺・大物素材への
半光沢スズめっき
高耐食性カチオン電着塗装
ECO&高耐食性のカチオン電着塗装
微小真球へのスズめっき(80μm銅ボール)
80μm微小真球への
スズめっき
半導体リードフレーム外装めっき
半導体リードフレーム外装めっき
亜鉛めっき黒色3価クロム化成処理
亜鉛めっき黒色3価
クロム化成処理
亜鉛ニッケル合金めっき3価クロム化成処理
亜鉛ニッケルめっき
3価クロム化成処理
アルミニウム三価クロム化成処理
アルミ合金への
3価クロム化成処理
鉛フリースズめっき(各種チップめっき)
鉛フリースズめっき
(各種チップめっき)

製品加工例 Products!

めっき・表面処理加工

詳細は営業・技術案内でご覧になってください

モリブデン素材へのニッケルめっき
モリブデン素材へのニッケルめっき
均一電着性クロムめっき
均一電着性
クロムめっき
硬質ニッケルめっき
硬質Niめっき
アルミナセラミックスへの各種めっき
アルミナ
セラミックスへの
各種めっき
硬質クロムめっき超研磨仕上げ
硬質クロムめっき
超研磨仕上げ
硬質金めっき
硬質金めっき
 
 
黒クロムめっき
黒クロムめっき
電解研磨
電解研磨
PZT上のめっき
PZT上のめっき
純金めっき
純金めっき
ポリカABSへのめっき
ポリカABS
へのめっき
 
フェライトへの各種めっき
フェライト
への各種めっき
アルミニウムへの各種めっき
アルミニウム
への各種めっき
亜鉛合金めっき
亜鉛合金めっき
(Zn−Ni)
複合無電解ニッケルめっき(PTFE)
複合無電解
Niめっき (PTFE)
ステンレス上の各種めっき
SUS上の各種めっき
均一電着性に優れたCuめっき
均一電着性に
優れたCuめっき
アルミ蒸着薄膜への無電解ニッケルめっき
アルミ蒸着薄膜への無電解ニッケルめっき
 
■シリコン上の めっき
■液晶ポリマー上への めっき
■マグネシウムの高耐食性化成処理
■アルマイトの化学梨地処理
 

最新情報 Hot News!

プレス掲載記事追加(2013.12.07)

福祉器具を抗菌メッキ ケディカ 神鋼の技術採用
仙台のケディカ 抗菌めっき技術導入 東北初 医療分野へ参入視野

ケディカ技術レポート検索にレポート追加(2014.04.04)

今回追加分
■3481 めっき皮膜の硬さと評価試験技術とその応用
■3482 めっき皮膜の応力測定法
■3486 めっき皮膜の密着性とその改善方法
■3487 マルチめっき・ニッケル
■3490 3価クロムクロメートの排水処理とリサイクル
■3498 Snめっきにおけるウイスカ発生メカニズムの検討
■3499 ビアフィリングめっき技術
■3501 めっきの基礎およびめっき液の基本組成と重要管理ポイント
■3503 めっきのトラブル要因と高品質化
■3504 省資源と高品質・高機能化をめざすめっき技術(第2回)
−めっき反応とマスバランスを考える−
■3505 省資源と高品質・高機能化をめざすめっき技術(第3回)
−めっき反応とマスバランスを考える−
自動車関連
■0503 自動車用亜鉛めっきの現状(講演)
■0584 自動車部品の腐食と防錆−高耐食性のための対応技術−(防錆管理)
■0628 亜鉛めっき.亜鉛合金めっきの腐食加速試験と自動車実車試験
■0646 自動車用めっき鋼板の最近の進歩(講演)
■0654 自動車規格に適合する電気亜鉛めっき法(翻訳)
■0859 JASO(自動車規格M610-91)自動車部品外観試験方法複合サイクル試験
■0890 自動車の塩害と対策
■0914 米国自動車工業における防錆めっきの実態とその動向(講演)
■0964 地球に優しい自動車と表面処理
■0981 車両の機能塩害試験方法の開発
■0982 自動車における腐食試験
■0983 自動車の防錆技術
■1045 自動車における防錆めっきの推移
■1120 自動車における表面処理技術の動向
■1165 自動車工業用亜鉛系合金めっき(翻訳)
■1189 特集/自動車の防錆法亜鉛系合金めっき
■1266 自動車工業における亜鉛系合金めっき
■1334 最近の自動車における課題と表面処理技術
■1352 無電解ニッケルめっきの自動車への適用
■1399 自動車部品の表面技術最新動向
■1450 自動車部品の表面技術最新動向(下)−機能向上の視点から
■1478 無電解ニッケルの自動車への適用
■1487 先進自動車と先端表面技術
■1503 自動車分野の環境に対応する表面処理技術
■1539 自動車の防錆手法と将来の動向
■1602 自動車を取り巻く環境と耐食性皮膜表面処理の動向
■1680 自動車分野の環境に対応する表面処理技術
■1689 電気自動車用電池と表面技術
■1693 燃料電池搭載電気自動車
■1724 自動車分野の環境に対応する表面処理技術−Uダイレクトプレーティング
■1753 再編成渦中の自動車業界と部品産業
■1780 使用済み自動車(ELV)の現状と有害物質規制について
■1784 自動車用ボルトと張力の管理
■1791 自動車分野の環境に対応する表面処理技術 第3回 溶剤系部品用防錆塗料のリサイクルシステム
■1806 マグネシウム合金の自動車部品への応用
■1813 使用済み自動車(ELV)の現状と有害物質規制について
■1833 環境に対応する自動車の表面・熱処理
■1835 自動車用樹脂装飾めっきの最近の動向
■1846 中国における自動車塗装の情勢とマーケット
■1958 自動車の防錆・防食技術の現在と21世紀への課題
■2036 最新の自動車用鉄鋼材料の進歩
■2049 自動車工業における表面技術
■2109 自動車,IT関連製品へのMg合金適用と成形技術の現状(OHP)
■2127 使用済み自動車を取り巻く環境とリサイクルについて
■2185 自動車の電着塗装
■2186 自動車工業における環境対応表面処理技術の動向
■2187 自動車の環境に対応する表面処理技術
■2189 自動車業界の環境対応と表面技術
■2190 自動車産業における溶射技術
■2234 自動車部品におけるプラスチック上へのめっき技術
■2526 EU(欧州連合)の自動車関連環境規制
■2537 自動車における6価クロム代替処理技術の動向
■2735 自動車部品の高機能処理
■2746 自動車工業における6価クロムを含まない不働態化処理(翻訳)
■3078 自動車用無電解ニッケルめっきとELV指令 −鉛,カドミフリーへの対応−
■3122 6価クロム規制による自動車の対応事例について
■3231 自動車と環境(第3回)
■3232 自動車と環境(第4回)
■3233 自動車と環境(第5回−最終回)
■3249 環境に優しい自動車部品の表面処理
■3379 環境にやさしい自動車部品の表面処理
半導体関連
■0531 半導体リードフレームのめっきにおける必要特性とその動向(翻訳)
■0911 半導体パッケ−ジ用多層めっき(翻訳)
■0915 半導体用パッケージと最新のめっき技術(講演)
■0921 半導体素子の周辺材料の表面処理(実務表面技術)
■0952 パラジウムリードフレーム
■0955 鉄・銅系材料への表面処理−リードフレーム−
■1039 リードフレームめっきの最新の技術動向
■1056 半導体製造装置用ステンレス鋼316Lの表面処理技術
■1087 ICパッケージ用リードフレーム材料
■1150 パラジウムめっきリードフレームの現状
■1163 プラスチックパッケージ用リードフレームの表面処理
■1281 ICリードフレーム外装はんだめっき
■1309 パラジウムめっきリードフレームの諸特性
■1387 半導体チップ実装の新しい流れ−ベアチップ実装
■1388 半導体チップ実装の新しい流れ−ビルドアップ配線板
■1389 半導体チップ実装の新しい流れ−ベアチップ実装の信頼性
■1411 半導体技術からみた実装技術
■1451 半導体チップ実装の新しい流れ(第5回)−ベアチップ実装の応用−BGA
■1499 半導体チップ実装の新しい流れ(第6回)−ベアチップ実装の応用−MCM(1)
■1525 パラジウムめっきリードフレームの諸特性について
■1548 半導体チップ実装の新しい流れ−第7回(機材工)
■1549 半導体における新しい表面処理技術(表面技術)
■1569 エッチングリードフレーム(実務表面技術)
■1583 半導体における回路形成技術
■1614 半導体チップ実装の新しい流れ(第8回)−ベアーチップ実装の応用−MCM−A
■1646 半導体鉛フリーNEC製品
■1661 半導体チップ実装の新しい流れ(第9回)−冷却技術−冷却設計の基礎(1)
■1679 半導体実装の新しい流れ(第10回)−冷却技術
■1730 半導体回路形成のための電気銅めっき(ダマシン)
■1734 リードフレームのめっき技術
■1735 ICリードフレーム内装めっき装置
■1743 湿式銅めっき法によるULSI配線技術の課題
■1788 半導体チップ実装の新しい流れ(第10回) 冷却技術 その2 マルチチップの冷却
■1789 半導体チップ実装の新しい流れ(第11回) 要素技術 セラミック基板上のフリップチップ
■1859 ダマシン電気銅めっき法による新しい半導体配線法
■1882 ICリードフレームの無鉛化のためのパラジウムめっき
■1889 半導体実装めっき技術
■2082 ULSI銅微細線の形成
■2352 半導体工業におけるエッチング(実技)
■2358 超LSIのためのプリント配線板(実技)
■3055 LSI配線形成用めっき技術
■3071 LSI搭載用新構造基盤における表面処理
■3415 実装技術の今後は(8回) −半導体チップの動向−
アルミ関連
■0504 アルミ上の電解黒色モリブデン皮膜処理(翻訳)
■0678 アルミニウム上へのめっき(テキスト)
■0880 アルミニウムの化成処理技術(実務表面技術)
■0923 アルミニウムの光沢処理(講演テキスト)
■0993 浅田法アルミニウム電解着色の理論
■0994 アルミニウムの電解着色機構に関する研究の現状
■0995 アルミニウムの新しい電解着色法
■0996 アルミニウムの交流電解着色法
■0999 アルミニウム上の亜鉛置換皮膜の形態
■1020 液体給電法によるアルミの表面処理
■1049 アルミニウム合金の耐摩耗表面の作成と特長
■1062 アルミニウムの表面処理
■1094 アルミニウム陽極酸化処理の技術基準について
■1096 アルミニウム陽極酸化皮膜の応用(表面処理基礎講座)
■1147 アルミニウム部品の表面処理
■1172 新しいアルミニウムの化成皮膜について−ベーマイト皮膜を中心に−
■1175 アルミニウムの化成皮膜処理法
■1176 アルミニウム処理工程改善のポイント
■1180 アルミニウムおよびマグネシウムダイカストへのめっき
■1181 アルミニウムピストンの浸漬スズめっき
■1198 電気アルミニウムめっきの現状
■1268 アルミニウム磁気ディスク基板の表面技術の現状
■1286 難めっき金属の前処理−亜鉛合金・アルミニウム合金
■1322 アルミナセラミックス基板へのめっき装置
■1344 二輪車用アルミ部品の材料と表面処理技術(上)
■1345 二輪車用アルミ部品の材料と表面処理技術(下)
■1417 アルミ処理工程の改善のポイント−エッチング,アルマイト
■1418 アルミ処理工程の改善のポイント−水洗,カラーリング,封孔
■1576 アルミニウム・マグネシウム上へのめっき技術(実務表面処理)
■1597 アルミナセラミックス上への直接無電解銅めっき
■1607 表面処理の新しい展開アルミニウム陽極酸化皮膜の高機能化
■1609 アルミニウムのろう接における制御雰囲気とフラックスの共存
■1638 アルミニウムおよびアルミニウム合金上へのめっき処理
■1701 アルミニウム陽極酸化の黒染め処理
■1810 ヨウ素化合物含有アルミニウム陽極酸化皮膜の開発
■1904 アルミニウムの表面処理
■1920 アルミニウム陽極酸化皮膜の黒染め処理
■1959 アルミニウム技術雑誌「アルトピア」総目次
■1961 硝酸に代わる窒素を含まないアルミ用デスマット処理方法
■2028 アルミニウム製品の表面処理と塗装設計
■2032 アルミニウム,マグネシウム合金の前処理技術
■2034 アルミニウム材料のためのクロムフリー化成処理
■2166 AES図解式講義テキスト-アルミニウムおよびその合金の硫酸陽極酸化処理
■2546 最近の連続表面処理技術-アルミ、めっき(1)-アルマイト、めっきなどの電解槽の基本構造-
■2547 最近の連続表面処理技術-アルミ、めっき(2)-補助具を使用した片面電解法-
■2548 最近の連続表面処理技術-アルミ、めっき(3)-補助具を使用しない片面電解法-
■2558 アルミニウムを用いてプリント配線板
■2559 リトグラフシート用アルミニウムの電解エッチング
■3019 アルミニウム合金と表面処理
■3038 アルミニウム合金へのめっき皮膜の密着性とジンケート処理
■3051 アルミニウム合金と表面処理
■3075 非鉄金属に対する6価クロムフリー技術の開発動向−アルミニウム,マグネシウムを中心に−
■3121 6価クロムフリー化成皮膜の適用事例〜アルミニウム材料を中心として〜
■3155 アルミニウム合金へのめっき皮膜の密着性とジンケーと処理
■3261 アルミニウムおよびマグネシウムへの化成処理
■3308 アルミニウムの表面処理
■0965 新アルマイト理論 百問百答(T)
■0966 新アルマイト理論 百問百答(U)
■0967 新アルマイト理論 百問百答(V)
■0979 アルマイトの色合わせ
■1117 アルマイト封孔作業と不良対策余聞
■1119 アルマイトの封孔処理の実際について
■1417 アルミ処理工程の改善のポイント−エッチング,アルマイト
■1953 最近の硬質アルマイト技術
■1968 硬質アルマイトの現状と将来−保有シーズと特性データのアピールが需要拡大のカギ
無電解めっき関連
■0749 宇宙産業用チタン合金上の無電解ニッケルと金めっき(翻訳)
■0766 薄膜磁気メモリーディスク用無電解ニッケルめっき(翻訳)
■0773 無電解ニッケルめっきの不良とその対策(翻訳)
■0889 無電解ニッケルめっきのQ&A
■0902 無電解めっき作業とろ過
■0903 無電解ニッケルめっきの不良とその対策(講演)
■0980 無電解ニッケルめっきの後処理
■0991 無電解ニッケルめっきのための新しい前処理法
■1007 無電解めっきの現状と今後
■1011 無電解ニッケルめっき液の管理技術
■1015 無電解ニッケルめっき
■1021 無電解ニッケルめっきの上手な使い方
■1027 鉛フリーはんだ対策としてはんだ付け下地皮膜 無電解スズと有機アゾール
■1041 粉体への無電解めっき
■1063 無電解ニッケルめっき槽の陽極パッシベート処理
■1091 無電解めっき法によるEMIシールド
■1092 自己触媒型無電解錫めっき
■1126 各種めっきのバレルめっき(金,無電解ニッケル,複合めっき)
■1166 無電解ニッケルの問題点と用途拡大
■1174 無電解ニッケル-リン/PTFE複合めっき
■1200 無電解ニッケル/PTFE複合皮膜
■1227 無電解パラジウムめっきの開発経緯と新たな用途開発
■1290 セラミックスへのニッケル無電解めっき
■1291 セラミックス上への無電解ニッケルめっき
■1303 新しい無電解ニッケルめっきのクロム酸フリー後処理
■1308 熱処理なしの高硬度無電解ニッケルめっき
■1352 無電解ニッケルめっきの自動車への適用
■1409 無電解はんだめっき技術の開発と表面実装への適用
■1412 亜鉛ダイカスト上直接無電解ニッケルめっき
■1416 無電解めっき浴の長寿命化技術
■1431 宇宙衛星用マグネシウム合金上の無電解ニッケルめっき
■1455 ITO上の無電解ニッケルめっき
■1469 無電解ニッケルめっきの不良・原因・対策
■1478 無電解ニッケルの自動車への適用
■1479 無電解ニッケル析出物の組成に及ぼす浴pHおよび作業温度の影響
■1511 めっきの基本組成の役割−無電解銅めっき
■1513 めっきの基本組成の役割−無電解ニッケルめっき
■1526 無電解黒色めっき
■1530 モリブデン上への無電解ニッケルめっきプロセスの開発
■1531 無電解ニッケルめっきの耐食性
■1532 無電解ニッケルめっきの耐食性と経済
■1586 無電解めっき浴の自動管理
■1587 めっき現場のトラブルと対策 第11回 無電解めっき
■1597 アルミナセラミックス上への直接無電解銅めっき
■1653 無電解ニッケルめっき浴の長寿命対策
■1666 低リン無電解ニッケルめっきに関する研究
■1758 無電解ニッケルめっきの機能技術
■1886 無電解ニッケル浴の廃水処理
■1891 無電解ニッケルめっきの過去,現在,将来
■1919 無電解複合めっき
■1966 無電解ニッケルめっきの構成成分と添加剤の効果
■1996 マグネシウム合金上の無電解ニッケルめっき前処理中での表面状態の研究
■2099 複合無電解Ni-W-B耐摩耗性皮膜の作製
■2115 無電解銅めっきの現状と応用
■2116 無電解銅めっき―浴の種類と応用
■2118 無電解ノーシアン金めっきの電子部品への応用
■2119 無電解銀めっきの現状と課題
■2120 シップレー無電解スズめっきプロセス(OHP)−無電解スズめっきの技術と応用
■2204 電気めっきおよび無電解めっき基礎と応用
■2206 無電解めっき浴の再生とその意義
■2253 ITO上の無電解ニッケルめっき
■2453 無電解めっきの装置
■2454 無電解ニッケルめっき
■2459 新素材と無電解めっき技術
■2557 チタンへの無電解めっき
■2698 無電解銅めっき液の分析方法
■2714 無電解ニッケルめっき液の分析法
■2747 無電解ニッケルめっきについて(1)
■2748 無電解ニッケルめっきについて(2)
■2749 無電解ニッケルめっきについて(3)
■2758 有害貴金属フリー無電解ニッケル浴について
■2774 無電解めっき
■3007 無電解ニッケル/金めっきのプロセスとフレキシブル基板対応の高延展性無電解ニッケルめっき
■3017 ホルマリンフリー厚付け無電解銅めっき液の実用化
■3026 電気めっきと無電解めっきの基礎知識
■3040 無電解めっきの基礎と応用
■3042 無電解めっきの現状と管理のポイント
■3047 無電解めっき液のリサイクルと廃液処理
■3070 無電解ニッケルめっきの機能技術
■3078 自動車用無電解ニッケルめっきとELV指令 −鉛,カドミフリーへの対応−
■3094 マグネシウム合金上の無電解ニッケルめっきプロセスの研究
■3150 電気ニッケルめっきおよび無電解ニッケルめっきの実際と最新応用
■3178 比べてみよう電気ニッケルと無電解ニッケル
■3298  マグネシウムおよびマグネシウム合金上の無電解ニッケルめっきへの素材の影響
■3324 無電解ニッケルめっきの耐食性に及ぼすめっき浴の使用度(ターン数)の影響
■3324 無電解ニッケルめっきの耐食性に及ぼすめっき浴の使用度(ターン数)の影響
■3324 無電解ニッケルめっきの耐食性に及ぼすめっき浴の使用度(ターン数)の影響
■3418 最近の無電解めっき技術
■3419 無電解銅めっきの現状と将来
■3420 無電解ニッケルめっきの現状と将来
■3421 微細配線への無電解金めっきプロセス
■3423 置換型無電解銀めっきの現状
■3424 無電解銀めっき浴の現状と将来
■3425 無電解ニッケル/パラジウム/金めっき皮膜の鉛フリーはんだ特性
■3430 重金属フリー無電解ニッケルめっき液の開発

 

弊社研究部門が保有する3000タイトル以上の めっき・表面処理 関連技術レポートのタイトルを検索できます。技術レポートの詳しい内容をご希望の方は、当社までご連絡下さい。資料のご請求は3ヶ月間で3件まで無料、4件以上は1件あたり500円(印刷・発送手数料込み)にてお譲りします。お支払いは切手にてお願いしておりますので、あらかじめご了承下さい。
*インターネットエクスプローラ4.0以上でご覧下さい

トピックスに記事を追加

■七十七銀行 御一行様が来社、工場見学 (2013.8.26)

東日本大震災における弊社の状況について

■弊社の生産設備は完全復旧し、稼動しております。

・東日本大震災の影響に関するお知らせ 第7号(2011.04.19)

選りすぐり情報 Super Selection!

二次電解によるアルミ材への直接めっき

(特許)弊社が開発に成功した二次電解によるアルミ材への直接めっき法は、従来のジンケート 法によるめっきでは得られなかった優れた密着性と耐熱特性を実現することができます。


金属ナノコロイドを用いた樹脂材料、ガラス基板へのダイレクトめっきプロセス

先端のナノテクノロジーと蓄積されたノウハウを融合させた新たなプロセスにより、これまで不可能とされていた各種樹脂材料、及びガラス材料に対して良好なめっき皮膜を形成することが可能です。


レアメタル(タンタル)回収

混合スクラップ、合金からレアメタル(タンタル)を選択回収します




「銅素材への黒化処理」

半導体の高クロック化・高集積化に伴い、発熱を冷却する目的で使用される銅製のヒートスプレッダの接着強度を向上させ、剥離現象を抑えることができます。


JIS表面処理関連用語データベース検索

弊社の社員向けイントラネットで公開している表面処理・めっき用語のデータベース検索を一般公開します。
*インターネットエクスプローラ4.0以上でご覧下さい

ケディカルプロセス

〜ケディカのメッキ・表面処理に関する最新のテクノロジーの一部をご紹介します〜

Copyright (C) KEDC CO.,LTD. All Rights Reserved.